JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?

基本はJCB。でもすべて持ってると安心です!

まず、加盟店を考えた時、日本国内ではやはり日本発の国際ブランドである「JCB」は強いです。海外旅行なんて行くことはないというのであればJCBだけでも不便と感じることはほとんどないのではないでしょうか。

その一方でJCBは世界(海外)という目で見ると弱いです。ハワイのように日本人観光客が多い地域には加盟店も多いですが、そうでない場所では加盟店も少ないです。ヨーロッパなどでは「JCBなんて聞いたことが無い」という人も多いのが現実です。

一方のVISAやMasterCardは世界中で強いです。VISAは世界の加盟店数が3000万店以上とも言われており、JCBの2倍弱の加盟店を持っています。
海外旅行や海外出張など海外に行く機会が多いというのであればJCBだけでは心配ですのでVISAあるいはMasterCardも持っておくと安心です。

次にブランドではなく「どのクレジットカード会社」を選ぶか?


お得感のあるのは楽天カード JCB、VISA、MasterCardの3ブランドから好きなものを選ぶことができます。

発行枚数2000万枚を突破(2015年12月)するなど勢いのあるクレジットカード。年会費無料で還元率は1%とポイント面も魅力。


同じくJCB、VISA、MasterCardの3ブランドから好きなものを選べる【YJカード】 Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード。年会費永年無料。 お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、 なんと通常の3倍の高還元率! プラチナ補償も最大3ヶ月無料


VISA、を選択するなら三井住友VISAカード クレジットカードとしてはもっともメジャーなクレジットカードの一つ。どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードです。Visaカードを考えているならこちらの一枚がおすすめ。



保湿力でヒルドイドが話題!

女性向けの美容雑誌、ネットの美容サイトなどが、
「高価な美容液より、ヒルドイドのほうが美肌効果が高い」
「美肌美女の所持率99%!」
「何万円も払って高い美容クリームを買わなくても、健康保険が使えるヒルドイドはおトク」
などと煽ったことで、皮膚科のクリニックなどに美容目的で処方を求める女性たちが列をなすようになったようです。

しかし、もともとヒルドイドはアトピー性皮膚炎やしもやけ、ケガをしたあとのケロイドの予防、打撲によるあざの治療などに用いられる外用薬なので、美容目的での処方がされにくくなっているようです。

そのため、インターネットで個人輸入代行サイトを利用して、購入している方々も増えているようです。

おもな成分は「ヘパリン類似物質」というもので、このヘパリン類似物質を主成分としているため、「血行促進」「強い保湿」「抗炎症作用」といった効果があります。こうした作用が、乾燥肌、加齢によるシワなど、女性が気になる肌トラブルにも効果が期待できるとして人気のようです!

 ヒルドイドクリームの口コミはこちら!

ビットコイン(仮想通貨)買わずに儲ける!

オオサカ堂でクレジットカードが使えないようです。※現在は使用可能!

本来オオサカ堂では、クレジットカードでの購入が可能ですが、2017/10/8現在クレジットカードでの決済が出来なくなっています。
再開の時期は未定です。


クレジットカードで購入可能な個人輸入代行サイト

「くすりエクスプレス」「ベストケンコー」は、MasterCard JCB が利用できます。送料無料。郵便局留め可。

「アイドラッグストアー」は「ちょコムeマネー」というNTTスマートトレード株式会社が提供する電子マネーをクレジットカードで購入して支払うという方法で、クレジットカード利用が可能です。MasterCard JCB VISA他
ただ、電子マネー購入(チャージ)時に、1回に付き200円の手数料有り。
「ちょコムeマネー クレジットカードでのチャージ方法」

ブログ記事 JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?

くすりエクスプレス

ベストケンコー


アイドラッグストアー

ビットコイン(仮想通貨)買わずに儲ける!