最近ニュースなどでも取り上げられ話題のヒルドイド。
製品にはローション、ソフト軟膏、クリーム、などありますが、その違いはなんなのか。
主成分は「ヘパリン類似物質」で、いずれの商品もこの成分の含有量は0.3%となっていますので、効果は同じです。
使用感の異なる基剤になっているのは、使用箇所によって使い分けるためです。
頭皮や全身など広範囲に使用する場合は、塗り広げやすいローション、

ソフト軟膏は油性ベースのクリームため、顔・体に塗っても残留感が残るためしっとりした塗り心地です。

ただし、ソフト軟膏は白色ワセリンの含有量がやや多いため、顔に塗った場合、けっこう顔のテカリがめだちます。

一方、ローションとクリームは水性ベースのクリームのため、顔・体に塗ったときの残留感がやや少なく、さっぱりとした塗り心地です。

 ヒルドイドフォルテクリーム


ヒルドイドクリームより有効成分が多いヒルドイドフォルテクリーム!口コミはこちら!