薄毛、抜け毛対策

プロペシアより効果が期待されるデュタス、アボダート

デュタスとは、「デュタステリド」を主成分とする医薬品であり、日本国内では薄毛や脱毛の治療に広く用いられているプロペシアよりも効果があるとされる「アボダート」という医薬品のジェネリック版です。
開発は世界でもトップ10に入るジェネリック医薬品の開発、製造、販売に携わるインドの製薬会社ドクター・レディーズ研究所が行なっています。
同社は2011年には日本の富士フィルム株式会社とも業務提携している実績のある会社です。

アボダート同様、デュタスはプロペシアの主成分であるフィナステリドよりも効果の高い成分でできています。
どちらも脱毛の原因となる5αリダクターゼという酵素を阻害します。この5αリダクターゼには1型と2型の二種類があり、プロペシアに含まれるフィナステリドは2型しか抑える力を持っていないのに対し、デュタステリドは1型と2型の両方を抑制する効果があります。
そのため、薄毛に対してフィナステリドより強力な威力を発揮するとされ、プロペシアの1.5倍の効果があるとされています。

これまではフィナステリド(プロペシア)が男性型脱毛症の画期的な治療薬として注目を浴びてきましたが、さらに効果のあるとされるデュタステリドの登場で今後は世代交代を余儀無くされそうです。


デュタスのカスタマーレビューはこちら


アボダートのカスタマーレビューはこちら

AGA治療クリニック処方薬1ヶ月分セット(ミノキシジル x デュタステリド)
脱毛、育毛最強セットはこちら!


「デュタステリド」の育毛効果はそれほど強力なもので、国内でも非常に期待が高まっています。実際に、デュタスの普及に伴い、プロペシアではさほど効果を実感できなかったけれど、アボダートやデュタスに変えてから効果を実感できたという使用者の声が高まっています。

副作用に関しては、性欲の減退や勃起の低下、精液の減少といったプロペシアと似たような症状(どちらも5αリダクターゼを抑制する効果は一緒である ため)が報告されていますが、発症率は服用者の5%未満であり、症状の程度も軽いものなので深刻な副作用はまずないと考えてよいでしょう。

注意点としては、デュタステリドは長期間使用すると耐性がついてしまう可能性があり、より多く摂取しなければ効果が出にくくなるという恐れがあります。
プロペシアよりも効果がある分上記のようなリスクがあることは否めませんが、もちろんすべての人に該当するわけではなく、そのような副作用を回避するために、プロペシアと交互に服用するといった対策をとっている方もいるようです。

ロゲインとリアップの違い

ロゲインとはアメリカのファイザー製薬から発売されている
ミノキシジルを含有した育毛剤です。

個人輸入が一般的に利用されるようになったので
日本でも大変人気の高いものです。

知名度で言ったら国産のリアップの方が高そうですが
人気はロゲインの方が勝っていると感じます。

なんでそう思うのかと言うと、
その点はリアップとの違いと共に説明していきます。




リアップX5 【第1類】 60ml


ロゲイン5%

ロゲインとリアップの大きな違い① 価格

リアップはミノキシジル5%配合したリアップX5で7400円
ミノキシジル1%配合したリアッププラスで5500円もします。

ロゲインは単体だと3500円ほどで買えて
セットで買うとさらに安くなります。(3本で8000円弱など)

※価格は個人輸入代行業者によって異なります

あと女性用のリアップリジェンヌ【第1類】 60mlは5500円ほどし、
女性用ロゲイン2%は4000円ほどで買えます。

女性用の場合、リアップにはミノキシジル1%で
ロゲインは2%配合されています。

あと男性用同様セットで買うとお得になります。


違い② 成分

ミノキシジルはもちろん共通してますが
他の成分は少しだけですが異なります。

ほとんど変わりはないのですが
プロピレングリコールの有無に注目です。

通称PGは肌への刺激が少々強めの溶剤のため
肌荒れの原因となる場合があります。

炎症は抜け毛を増やしてしまうので
無理してつけ続けても逆効果になってしまいます。


そのため肌が弱い方は特に注意が必要です。

リアップは「リアップ」「リアップレディ」のときは
PGが含まれていましたが「リアッププラス」「リアップX5」
「リアップリジェンヌ」になってから刺激が少ない
エタノールに変更されました。

ロゲインにはPGが含まれています。


違い③ 泡(フォーム)タイプの有無

ロゲインにはフォームタイプもあります。

泡なので液状のように垂れにくく
生え際にも塗布しやすい特長があります。

また、乾くのが早い特長も。

ミノキシジルの吸収率や効果は液状タイプと
変わらないかもしれませんが
フォームの方が使いやすさに優れているので
特に生え際に塗りたいときは便利です。

ただPGが含まれてるので
敏感肌の方は液状タイプと同じく注意しましょう。

ちなみに女性用のフォームタイプはありません。

リアップX5の体験談
ロゲイン5%他ロゲインブランドの体験談

ポラリスシリーズ ミノキシジル16%配合!ポラリスNR10

ポラリスシリーズは販売停止になるようです。
代替品としてフォリックスFRシリーズがお勧めです。

フォリックスFR12ローション[ミノキシジル12%]
フォリックスFR15ローション[ミノキシジル15%]
フォリックスFR16クリーム[ミノキシジル16%]


ミノキシジル配合育毛剤に期待の16%!
塗布タイプのミノキシジル配合育毛剤の中でも最高濃度の製品です。

[NR-10]ミノキシジル16%+αクリームの体験談はこちら!


今までのモノからの改良点は、
フィナステリド配合、クリームタイプに変更と、使い心地も良くなり、高濃度のため、特に、生え際や後頭部に有効と思われます。とても期待できる商品ですね!


[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

AGAとは

コマーシャルなどでよく見かける「AGA」とは、「Androgenetic Alopecia」を略したもので、日本語では「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」と呼ばれています。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

AGAが発症する最も大きな原因は、男性ホルモンの作用と遺伝だといわれています。元々男性ホルモンには体毛を増加させる働きがありますが、頭髪の場合は男性ホルモンは逆の働きをし、発毛や頭髪が伸びるのを抑制する働きがあります。


AGAの原因となる物質ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモン であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたもので、発毛サイクルに悪影響を与える物質であることがわかっています。実際に AGAが原因となって脱毛した場合の毛根部分には、この変換されたテストステロンが多く見られます。


AGAは放っといて治るモノではありません。そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。


テ レビのコマーシャルで爆笑問題というお笑いタレントが宣伝は、このAGAの治療薬である「プロペシア」を製造販売しているMSD(旧万有製薬)のコマー シャルです。現在、AGAの治療薬として最も使用されているのが、このプロペシアになります。アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症(いわゆる、若ハゲ)に有効な薬は、このプロペシアとミノキシジル(商品名リアップなど)のみです。なお、男性型脱毛症以外の脱毛症 (円形脱毛症など)には効果はありません。ただし、このプロペシアやミノキシジル成分の医薬品は、AGAを完治するモノでは無いので、それぞれの効果を維 持するためには、長期間の服用が必要となります。


↓↓↓プロペシア、フィンペシアはこちらで検索↓↓↓

海外の薬通販ベストくすり



個人輸入代行

発毛系医薬品や、ED対策医薬品(バイアグラなど)のネットで販売されているモノを買って法律に違反していないのかという疑問があります。

国内で販売を認可されていない医薬品を、国内の業者が仕入れて販売する事は違法です。ただし、販売を認可されていない医薬品でも使用する事自体まで禁止されていないモノがあります。
そこで「個人輸入代行業者」という存在が出てきます。

ベストケンコーくすりエクスプレスが有名です。

国内で認可されない医薬品を販売する行為が違法であるのは、何らかの副作用や効果などで他人を危険な事態にする可能性があるから、もしくは国内での臨床検査が詳しく出来ていないからです。

ただし、他人に対してじゃなく自分に対しては法律の関与する事では有りません。だから自分が使用するために個人輸入をする事は違法ではありません。

「個人輸入代行業」とはその名の通り、モノを販売する行為はしません!あくまでも、一般個人に「個人輸入」の手続きを代わりに行ってくれる業者です。
よって、代行業者は商品を手にすることなく、海外から直接購入者へ配達されます。

よって個人輸入代行は違法ではありませんし、そのような業者を使って医薬品を手に入れる事は違法行為にはあたりません!

ただし!使用するモノが国内での使用が禁止されている薬物(麻薬)などは当然違法です。


↓↓↓医薬品購入はこちら↓↓↓

↓↓↓医薬品購入はこちら↓↓↓